Googleアドセンスを6記事で一発合格した素人の私が受かるためにやっていたこと【スマホブロガー対応】

簡単スマホブログ

近頃Twitterを見ていると

新芽ブロガー
新芽ブロガー

Googleアドセンス、一発合格しました!

なんてツイートをめちゃくちゃ見るので、

Googleアドセンスの合格って実は簡単なのか…?と思っていたら、受かってない人も多い様子。

私も受かるとは思っていなかったのですが、

物は試しよ〜と思い3記事書いて申請したら、2週間ほど経って合格の通知が来ました。(通知が来た時6記事でした)

受かってしまったのでGoogle先生が何を合格基準にしているのか分かりませんが、

一つ確かなことはGoogle先生が

「ユーザーが使いやすいか」

(ユーザビリティ)

非常に重きを置いていることです。

                 

そんなわけで私が良かれと思って申請前から行っていたことをここに記していこうと思います。

これが必ずしもアドセンス合格の道に繋がるとは断言できませんが、

アドセンス合格がなかなか出来ないみなさんの一助となれればいいなと思いながらこの記事を書きます。

一番はGoogleアドセンスのポリシーページをご覧いただくのがいいかと思います。(私はよく読んでない)

                 

この記事の内容を先に箇条書きしてしまうと、

  • スマホで見やすいブログデザイン
  • オリジナリティある記事を書く
  • 記事内文字の装飾
  • メタ情報は消す
  • カテゴリーは少なめに
  • 外部リンク、内部リンクを貼る
  • プライバシーポリシーの記載
  • 著作権元の明記で著作権違反をしない
  • お問い合わせフォームの設置
  • 固定ページのnoindex
  • パーマリンクの設定
  • 画像のalt設定

です。多いですね。

一個ずつ解説していきますので目次から選んで見てくださいね。

※以下は全てWordPressのテーマ「cocoon」である事が前提で書かれていますのでご注意ください。

                                                                    

スポンサーリンク

スマホから見やすいブログ設計

今の時代何を検索するにもスマホですよね。

PCを持つ人も減っている今、PCからわざわざブログを見る人は少ないでしょう。

PCから見られた時の見栄えも大事でしょうが、スマホで見られた時見やすい設計にしておく事の方が今や大事らしいです。

私の場合はこのようになっています。

スマホから見やすいブログの例

カテゴリーや検索機能はサイドバーに元々追加されていますが、

「モバイルヘッダーボタン」(上部にあるメニュー、ロゴ、検索機能がついている所)を追加することでさらに読者が記事を探しやすくなります。

上下に常時表示するタイプの広告を利用する場合は上下にメニューがある方が使い良いのではないでしょうか。

モバイルヘッダーボタンの設定は、cocoonであれば「cocoon設定」から簡単にできます。

                                                   

オリジナリティある記事を書く

Google先生は、価値のない記事やその辺にいくらでも転がっている量産記事が好きではないようです。

何より嫌っているのがコピペだそうです。

コピペしてさも自分が書いたように記事を書くなんて犯罪同然ですしね。

Google先生は、オリジナリティがあり人のためになる魅力的なブログに広告を貼りたいのです。

私達ももし広告をお願いするなら素敵なブログにお願いしたいですもんね。

なので他の人が書かないような内容の記事を書くといいでしょう。

しかしそれはなかなか難しいので、「自分なりの言い回し」で書くといいかもしれません。

                                                   

スポンサーリンク

記事内文字の装飾

おず之信
おず之信

これも装飾!

ブログを読む際に全部真っ黒で同じ大きさの字だけが続いていると、だんだん読む気がなくなっていきますよね。

もちろんそれでも読ませる文才があれば問題ないのでしょうが、

私たちが何かを調べるときは「早く・すぐ」その情報を得たいわけですから

重要な文字には色をつけ、画像を挟み図解で説明すると読んでいる人はすらすら読みやすいでしょう。

                                                   

メタ情報は消す

ブログを編集していると、「メタ情報」というものが現れるかと思います。

メタ情報が載っている様子

これ必要ないですし、めちゃくちゃ見栄えも悪いですよね。しかも誰でもログイン画面に到達できてセキュリティ面も心配です。

消しておきましょう。

メタ情報がサイドバーにある場合、「ウィジェット」からサイドバーかサイドバースクロール追従を探し出します。

ウィジェットのサイドバーにメタ情報がある様子

「メタ情報」の下の削除を押すだけで消せます。

スマホから編集している場合は何故かメタ情報を押した時に画面外へはみ出るので、画面を横向きにして削除を押しましょう。

メタ情報の削除を押す様子

                                                   

カテゴリーは少なめに

まだ始めたばかりの方は記事のカテゴリーは少ないと思いますが、

書くごとに記事に合わせて新しいカテゴリーを追加していると、

いずれはカテゴリー一覧がカテゴリーで溢れ、読者が読みたい記事を探しにくくなりそうですよね。

ある程度記事を5つくらいまでのカテゴリーに限定して、その中に小分けカテゴリーを作ると見やすくなるでしょう。

私は現在このようになっています。

厳選された4つのカテゴリー

これ以上増えるようならカテゴリー名を変えて減らしていくことも検討したほうが良いでしょう。

                                                   

スポンサーリンク

外部リンク・内部リンクを貼る

記事を書く際に、記事によっては参考にする文献やサイトがありますよね。

その際に分かり易かった他サイトの記事等のURLを自分の記事の中に貼ることで紹介できたり、更に読者さんに有益な情報を与えられたりできます。

これを「外部リンク」といいます。

そして、自分の書いた記事のURLを自分の書いた記事に貼ることで「これも見ると分かりやすいよ」と更に情報提供が出来ます。

これを「内部リンク」といいます。

いずれも読者さんの求める事に更に情報提供出来ることからユーザビリティが高いと言えるでしょう。

                                                   

プライバシーポリシー・免責事項等の記載

これは大事ですね。

お問い合わせフォーム等から得た読者様の個人情報は悪用していないよ!と証明するために必ず記しましょう。

あとGoogleアナリティクスを使用している人も記載必須です。

とはいってもプライバシーポリシーなんてどうやって書けばいいの?と思う人が多いはず。私もそうでした。

これに関してはなんと

コピペでオーケーです。

私も利用させていただいたコピペ記事がこちら

しかし上記にも記載のある通り、コピペでプライバシーポリシーを作ると低品質なコンテンツとみなされる場合もあるそうですので、画像での記載もお考えください。

Googleアドセンスに合格した場合、新しくGoogleアドセンス等の広告についても追記しなくてはなりませんから、適宜必要な項目を追加したり書き直したりしましょう。

                                                   

スポンサーリンク

著作権元の明記で著作権違反をしない

これも非常に大切ですね。

お分かりかと思いますが、ネットで拾った画像を勝手に使うことは言語道断刑事告訴ものです。

私の場合、ff14というゲームの「利用可能な著作物」をブログ内で貼らせて頂いていますが、

プライバシーポリシーのページと記事の最後に著作権元をしっかりと明記しています。

当サイトでは、スクウェア・エニックス様の利用できる著作物を掲載しています。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ここまでしっかり明記しましょう。

                 

またコピーライト等無いような無名の著作物でも、

「○○様に描いていただきました」

「○○から引用」

と、しっかり書きましょうね。

Twitterでもブログでもなんでも、これは「私が作ったものではなくお借りしたものですよ」と言う事がとても大切です。

殺意のオズノシン
殺意のオズノシン

自作宣言許すまじ

(絵描きがよく直面する壁)

                                                   

お問い合わせフォームの設置

何かあったとき、読者さんが運営者に直接お問い合わせできるのは良いですよね。

お問い合わせフォームを追加する事で読者さんに寄り添った運営ができるのはユーザビリティが良いと言えるでしょう。

お問い合わせフォームはプラグインで簡単に追加する事ができます。

私が利用しているのはこちら。

他にも色々なお問い合わせフォームがあるそうですのでご自分で合うものを探してみてください。

                                                   

固定ページのnoindex

プライバシーポリシーやお問い合わせフォームなど、検索してもらう価値のないページはnoindexしましょう。

noindexとは、検索された際に検索結果に乗らないようにする事です。

お問い合わせ等はサイトには必要だけど、わざわざ検索する必要性のない物を省く事はだいじですね。

cocoonですと下の方に「インデックスしない(noindex)」と言う項目がありますので、そこにチェックを入れるだけでオーケーです。

noindexの仕方

                                                   

スポンサーリンク

パーマリンクの設定

ブログ初心者
ブログ初心者

パーマリンクとはなんじゃらほい?

という方は、私が説明するよりとても詳しく解説されている方がいるのでこちらをご覧ください。

一つ言えることは

この設定は一番最初にやった方が良い!という事です。

やっていない方は今すぐに設定しましょう。あとで設定すると大変なことに…

読者さんがより検索しやすくする為に必要な事です。

                                                   

画像のalt属性設定

また難しい言葉が出てきましたね。

またこれもとても詳しく説明がなされている方がいるのでこちらをご参照ください。

忘れがちですが画像を挿入した場合は全ての画像に入れましょう。

Google先生は画像を「見る」事ができないそうです。

その画像がなんなのかをしっかり文字で説明してあげる事が大事ですね。

そうする事で視覚に障害がある人でも見やすくすることができます。

                                                   

【最後に】ネガティブな言葉を使用していても読者に希望を与える内容になっていれば良いのかもしれない

これは一つ気になっていた事なのですが、

私が一番初めに投稿した記事に「死にたい」だの「死のう」だの超絶ネガティブワードを乱発していたのですが、

何も問題なく合格する事ができました。

これは単に考察なのですが、

危うそうなワードを使用していても、最終的には読者に希望を与えるような内容になっていればGoogle先生も認めてくださるのかもしれないということ。

これが自殺や殺害などを助長する物だとアウトでしょうし、物によっては取り扱う題材でもアウトかもしれません。

しかし普通に公序良俗に則った記事を書いていれば何も問題はないのではないかと私は思います。

他にも細々といろんな事をしましたが、Googleアドセンス合格に繋がりそうなのはこの辺かなと思い書かせていただきました。

ただ色々なところで言われている通り合格の基準は明言されていません。

思えば私はブログ開設からずっと、「こうした方が見やすいかな?」と見る人の事を考えて設定や執筆を行っていました。

みなさんもユーザーファーストの気持ちでブログ作って行かれると、Googleアドセンス合格への道はもうすぐかもしれません。

みなさんも合格して、一緒にブログで稼いでいきましょう。

この続きはcodocで購読

コメント

タイトルとURLをコピーしました