左利き?右利き?「クロスドミナンス」が両利きになる事はできるのか?

おもしろ
クロスドミナンスとは
絵・おずのしん

世の中には左利き、右利き、両利きの人、足利きの人、様々な人が居て面白いですね。

唐突ですが私は

「クロスドミナンス」です。

クロスドミナンスとは、

字を書くのは左手だけどボールを投げるのは右手といった、用途によって手を使い分ける人の事を指す言葉らしいです。

私は、ペンを持つのと食事は左手で、それ以外はほぼ右手です。意味がわからないですね。

職場の男の子に「そういう人クロスドミナンスって言うらしいですよ」って言われるまでクロスドミナンスという言葉を知らなかったですし、自分はずっと左利きだと思い込んでいました。

クロスドミナンス…名前だけでとても賢くなった気分になれますね。

                 

クロスドミナンスは両利きになりたいと思いました。

左利きの人は右脳型、右利きの人は左脳型、なんて話をよく聞きます。そこで私はこう思いました。

「両利きになれば天才になれるのでは?」

もし本当に左利きの人が芸術的なものに強く、右利きの人が数学的なものに強いというのであれば、両利きになれば両方に特化した脳になるはず…

しかし実は残念なことに、右脳派左脳派という話にはしっかりとした根拠がないそうなんです。

けれど両手を使えるようになれば満遍なく脳は刺激されるでしょうし、万が一どちらかの手が使えなくなった時困らないのではないでしょうか。

元々両利きになる事に興味のあった私は両利きになる特訓をする事にしました。

                                  

スポンサーリンク

包丁を使う

私は包丁は右手で持ちます。

簡単に見えていざ逆の手で使おうとすると難しいですよね。

私は仕事柄ほぼ毎日包丁を持っていたのですが、

入りたての頃、力の加減が分からず右手を痛めてしまった時がありました。

その時に仕方なく左手で包丁を握りました。

繊細な作業だったので最初は全くと言って良いほど切れませんでしたが、切らない訳には行かないので

頑張って2ヶ月ほど続けて左手で切っていました

すると気がついたときには右手と遜色無く左手も使えるようになっていて、私はこの時に見事包丁の「両利き」になる事に成功したのです。

すみません、

                 

特訓するまでも無くこれに関しては既に両利きでした。

                       

字を書く

私は字は左手で書きます。

字に関しては右手で全く書けません。

なのでトライ

左手で書いた綺麗な字
※このお経の様な漢字の羅列は、ff14 モンクのスキル回し(我流)の一部です。

こちらは左手で書いた字です。綺麗ですね。(自画自賛)

そしてこちらが

                    

右手で書いたとても汚い字

          

まるで呪いですね。

しかも左右でペンの持ち方が違います。

左手でのペンの持ち方の方がおかしい気がしますが、使い慣れた利き手と同じ持ち方にしてトライしてみましょう。

その方が書けるような気がします。

           

右手で書いた、さっきよりマシな汚い字

さっきよりはマシですね。多分…

やはり書き慣れた手と同じ持ちすることで脳は書き易さを感じるのでしょうか。

ではもっと練習してみましょう。

…3時間後…

          

右手でそこそこ綺麗に書ける様になった字

だいぶ書けるようになりました。

先程包丁の話もそうでしたが、やはり

何度も同じ事を繰り返していると出来るようになってくるんですね。

右利きの人も左利きの人も、生まれてすぐ書けた訳ではなく今まで培ってきた物があって現在書けているわけですしね。

人の可能性に改めて驚かされました。

                    

スポンサーリンク

絵を描く

私は絵も左手で書きます。

ここ最近は絵を描く事に全く楽しみを見いだせていなかったのですが、

仕事で左手が痛むようになってから、

このままじゃ絵が全然描けなくなってしまう日が来るのでは?

と思うようになり、軽く恐怖を感じていました。

この記事を書こうと思ったのも実はそのためです。

字が書けるようになれば、だいぶ使い慣れた右手できっと絵も描けるはず。

私が愛してやまないff14のマスコットキャラクター、グゥーブー・スプラウトちゃんを描いていきましょう。

            

左:可愛いグゥーブーちゃん、右:化物の様なグゥーブーちゃん

         

これはひどい

右手で描いたグゥーブーちゃんが「貴様何故描いた許さん」と言っているのが聞こえますね。

では先程のように、持ち方を左手と同じようにしてめげずにたくさん描いてみましょう。

…約30分後…

                 

右手で可愛く描けるようになったグゥーブーちゃん

                

とても可愛く描けました。無事成仏してくれたようですね。

消しゴムを使いながらですが、なかなか左手に劣らぬ絵を描けたと思います。

これで左手がぶち壊れても安心ですね。

                                  

スポンサーリンク

果たして結果は…!?

なんと、

新たに2つの事の両利きになる事ができました。

え?字を書く事と絵を描くことは同じなのでは?

いえいえ、全くの別物です。

書くは「write」、描くは「draw」。ほら違います。

しかし両利きになる事でクロスドミナンスという個性を失った気がしますね。ちょっとざんねんです。

そして思ったのですが、両利きになるにあたって

クロスドミナンスである方がとっつきやすい

のかもしれません。

少なからず右手と左手、両方を使う機会があるので頭が左右の手の動かし方になんとなく慣れているのかもしれませんね。

                 

ある時職場で右利きの同僚が包丁を握る手が痛いといっていたので、

左手で切ってみれば?

と言ったら、

絶対に無理

と断言されてしまいました。

彼がいうには左手で何も使った事がないのにいきなり包丁は無だとのこと。

完全な右利き、左利きの人は

  • 『こっちの手しか使えない』という先入観があり、
  • かつ本当にどちらかの手しか使った事がないので、

クロスドミナンスに比べて慣れない手が動かしにくいのかもしれません。

※個人の考察です。

                     

しかしご覧頂いた通り、

繰り返すことによって両手が使えるようになりました。

結局は繰り返して慣れることと

両利きになりたいという強い思いと忍耐力があれば両利きになれるということですね。

これは何事に対しても共通することですね。

『好きこそ物の上手なれ』ということわざがありますから。

両利きなってみたいみなさん。

とりあえず反対の手で何かを触ってみることから始めてみませんか?

そして、この記事を見てくださった既に両利きのみなさん。

自らの力で両手を使えるようになったあなた達は、素敵です。

この続きはcodocで購読
おもしろ
この記事を書いたのは
初心者ブロガー
おずのしん

ゲーム、漫画、イラスト描きが好きなだけの引きこもり既婚女。
職場の人間関係に疲れ死のうと思うも、ブログを仕事にする道もあると知り、どうせ死ぬならままよと思いブログを開設。

プレイ歴4年のff14情報や、趣味の事から生きるための挑戦まで、己の人生を曝け出しながら書き綴れたら良いなと思っています

おずのしんをフォローする
おずのしんをフォローする
いえじょぶ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました